マンションモデルルーム見学のポイント

マンションを購入時には重要になるモデルルーム見学の際のポイントや注意点についてまとめています。

マンションモデルルーム見学のポイント

マンションモデルルーム見学のポイント

マンションを販売する時にはモデルルームを利用しますね。モデルルームは建築中のマンションの部屋を実物大で実感する事ができますし、様々な周辺状況の知識を得たり、契約の為の事務作業に使われたりとマンション購入時の拠点としてとても重要な場所になります。新築マンションの情報はインターネットや住宅情報誌、折込チラシなどから得る事ができますが、まず見学に行こうと決めた場合はモデルルームで予約を取る事をおススメします。もちろん予約無しで訪問しても良いのですが、混雑時にはきちんと担当者をつけてもらって説明を聞いた方がより情報が多く得られますし質問もしやすくなります。

いざモデルルームに入って見るべきポイントは壁やフローリングなどの施工、サイズ表記だけでは実感しづらいユニットバスの大きさ、キッチンの設備、水廻りの動線、収納場所の広さなどです。しかしモデルルームの設備などは本来はオプション品で有料となる設備が付いている事が多いので、どの設備がオプションで有料になるのかもきちんと確認しましょう。また、各居室ですが、マンションの場合、居室の隅に柱が出っ張っている場合があり、サイズ表記よりも実際には使えるスペースが狭くなる場合があるので、柱の位置にも注意が必要です。モデルルームに置いてある家具というのは部屋が広く見えるように必要最低限であり、サイズも通常より小さな家具である場合があります。小さな家具に惑わされないように注意しましょう。

Copyright (C)2014マンションモデルルーム見学のポイント.All rights reserved.